FC2ブログ
09≪ 2018/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-02-26 (Tue)

朝からやってしまった・・・・。388

ウチのマンションはエントランスがオートロック。

これはいまや珍しいことではないが、私には大敵である。267

ごみ捨てにカギを持たないで出てしまったのです!

寒いのに戻れなくなってしまってウロウロ・・・。

朝から怪しい人でした。(笑)

出勤時間帯だったので、他の住人の人がでて来てくれて

なんとか一件落着。ふう。良かった!410

 

 

この失敗はウィーンでも2回もやってしまった。330

1回目は入学したばっかりの頃。

ちょうど両親が遊びにきていて、これからオペラに行きましょう、という

時だった。

ドアを閉めた直後にいや~な予感がした。

「あーーーっ!!!カギ忘れた!」

ど、どーしよ・・・・。

大家さんは離れたところに住んでいて、しかも連絡先は

家に入らないと分からないし・・・。

 

他の住民に知り合いなんていなかった。

冷静に考え、カギ屋さんに連絡してみることにした。

近くの電話ボックスに行き、電話帳で探そうと思ったが、

”カギ屋さんて、ドイツ語でなんていうんだ・・・?”

こんな状況である。

この程度の語学力で電話して通じるのだろうか・・?404

 

泣きたくなった・・。

でも、他にいるのは

海外に来ても日本語しかしゃべろうとしない両親だけ。。。

私がやるしかないわけね。

 

そういえば、”カギ”という単語、”Schlüssel”を

語学学校で習ったことを思い出し、

電話帳を開いてみた。

カギの絵267がたくさん描いてあるページがでてきて、

その中からテキトーにかけてみた。

 

「Hello!」

「あの、非常事態・・」

「・・・・・どうしました?」

知っている単語を並べて、訴えてみた。

すると、

「OK!今行きます。住所は?」

住所を記憶していてよかった・・・。

発音が悪くて、正確に伝わっているのか不安だったが、

30分後くらいにとても親切そうなカギ屋さんがきてくれ、

あっという間にカギを開けてくれた。

 

ほっとした。・・・・・が、

・・・・・とても高かった・・・。406

こんな痛いことはもうしないと決めていたのに、

卒業試験の日の夜。

うかれてまたやってしまった・・・。

今度は気づいたのが夜だったので、

夜間料金らしきものが加算され、

さらに高かった・・・・。

 

 

苦い思い出。

これもいい思い出。

 

 

 

 

スポンサーサイト
* Category : 懐かしき思い出
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。